HIPHOP

ワル=HIPHOPなのか?〜舐達麻、梵頭、BASE〜

ワル自慢をするラッパー達
〜舐達麻、RYKEY、阿修羅MIC、梵頭、BASE、SIMON JAP、VENOM、ベル〜

ワル自慢をするラッパーは上に挙げた以外にも星の数ほど存在する。

・前科自慢
・刑務所の話
・大麻の話
・ドラッグの話
・警察を「バビロン」と呼び毛嫌いする姿

多種多様なワル自慢が存在する。
MCバトルでも楽曲でもそれらのテーマは擦られ続けている。

「HIPHOPとアングラ文化は切っても切れない関係だ。」
とみんな口を揃えて言う。

だが、僕は違和感を感じる。

別に大麻がどうこう、ドラッグがどうこうの善悪の議論はここでするつもりはない。
ただ僕はラッパーがワル自慢をするバースを吐く度にいつも違和感を感じる。

「違法だからかっこいい

「かっこいいけど違法」
では意味が全く異なる。

正直、HIPHOPヘッズは前者の意味で盛り上がっている様に見える。

ちょっと最初に一言だけ言わせて


・・・・ダセェ

違和感の正体

まず始めに次のセリフをこの写真の中学生が言っている所を想像して欲しい。

「タバコ吸ってんぜー?バイク乗ってんぜー?先公に反抗してやったぜー?俺やばくね?」


・・・どうだろう。かっこよかっただろうか?

では次にこのセリフを頭の中で再生して欲しい。

「大麻吸ってるぜー?ドラッグもやるぜー?警察とかまじファックだよ?俺やばくね?」

・・・どうだろう。かっこよかっただろうか?

僕はどちらも同じようなレベルでダサいと思った。
全く同じレベルの話だからである。



ラッパーのワル自慢は仕組みとして、中学生のヤンキーがイキっているのと変わらない。
制服改造する、タバコを吸う、酒を飲む、バイクを乗り回す、先生に反抗する。
禁止されている事を敢えてするかまってちゃんと一緒だ。


結局の所、ルールがあるからこそ反抗が成立する。
中学生には中学生のルールを破ることが不良
大人には社会のルールを破ることが不良
言い換えれば、「ルールを破る」というルールに縛られている。

「ルールを破る俺カッケー」状態だ。

彼らは、制服を着崩したり、禁止されているバイクの免許を取ったり、卒業式に”わざわざ出席”して暴れたりする。

さらにハタチになると成人式に目立つ格好で訪れて、ヤン車から爆音を流し、真面目にやっている式典の最中にわざわざ暴れ始める。


校則やルールを前提としなければ「ワルの行為」は表現することすら出来ない
そんな脆い存在だ。


校則に納得出来ず、あえて違反をして学校に楯突いて文句を言っているより、
校則に納得出来ず、校則を変えてやろうと生徒会長になる方がかっこよくない?
(MOGURAとか?)

なぜ中学生が言うのはダサくて、
ラッパーが言うのはカッコいいと捉えられるのか僕はずっと謎だ。


百歩譲ってワルの価値観がかっこいいとして
自分から「悪いことしてるぜ」とわざわざ言う奴がかっこいいのだろうか。

梵頭、BASEのワル自慢MCバトル


MCバトルでは”ワル自慢”が非常にウケる。
特に大麻とドラッグは名前を出しただけでヘッズは「ウェーイ」と大騒ぎする。


このバトルはヘッズの中で高い評価を浴びている。

僕には「あータバコ吸いぇなぁ」とこれ見よがしのイキり中学生ヤンキーにしか見えない。


ワルがかっこいいと言う文化は理解出来なくはない。
僕も映画クローズZEROを何回も何回も観ているし、好きな映画にも挙げる。

だが、彼らは決して自分達の悪行を自慢したりはしない・・・
僕はそこがカッコいいと思うから、クローズZEROが好きだ。

Blu-ray出てた。



自分からワル自慢を始めるラッパーはカッコいいとは思わないんだよなぁ・・・

R指定も言っていたが、確かにHIPHOPはワルがやっていた方が似合う。
その気持ちをCreepy Nuts「阿婆擦れ」と言う曲に落とし込んでいる。


MC松島とCreepy Nutsは一般人


MC松島はこの曲でワル自慢をするラッパー達とは対峙する姿勢を見せている。

俺は元暴走族の総長
それで verse の価値が上昇
するんだとしたらクソ

バックボーン/MC松島


というパンチラインで不良やヤンキーが過剰に評価されるHIPHOP業界を風刺している。

だがこの曲はそういうラッパーを批判している訳ではなく、
それが“過剰”に評価されている現状を憂いている。


黒い部分も確かにHIPHOPが歩んできた歴史の中で存在することは間違いないだろう。

「ワルの側面を失うHIPHOPシーンも寂しい気がするが、
普通の人間にもHIPHOPに居場所を作りたい」
と言う気持ちを上手くリリックにまとめているのがCreepy Nutsの「阿婆擦れ」だ。

HIPHOPを一人の魔性の女に例えて歌っている。

アルバム「よふかしのうた」ラジオ盤ではR指定はこう語っている。
・HIPHOPは普通の人間よりワルの方が似合う。
HIPHOPはワルの文化であって欲しい、が自分達みたいな普通な人間にも居場所が欲しい
・でも自分達だけになると悲しい、手の届かないマブイ存在であって欲しい

ヘッズたちへの影響


HIPHOPってワルの文化なんだ!
じゃあワルにならないといけないんだな!

とアホみたいな勘違いをするキッズ達を生んでいる気がしてならない。

それを文化だと言うのであれば、HIPHOPは世間から見たら
偏差値の低い音楽と呼ばれるのは仕方のない事なのかも知れない。

自分の学生時代を振り返ってみても、HIPHOPやレゲエを聴いているのはヤンキーばかりだった。

だが、KREVAやRIP SLYME、nobodyknows+は一般人も聴いていた。
そこにはワル自慢は一切含まれていなかった。
だから一般人も拒否反応を起こさなかったのかもしれない。

だが彼らはHIPHOP界の人々からあまり認められているようには見えない。

”ワル”ければHIPHOPなのか?


HIPHOP警察の人たちにはきちんとHIPHOPの定義をはっきりと宣言してみてほしい。
僕には全くHIPHOPというものが理解できていない。

定義も何もしっかりと人に伝えられないのに、
否定するのは人種差別等よりも悪質だと個人的には思う。

「〜から聴け」やら「もっと勉強してからこい」などの言葉は、
説明出来ないから逃げているようにしか見えない。


ちなみに流派Rのベストヒップホップアーティストの1位が舐達麻だったのが、
僕は非常にがっかりした。
「HIPHOP関係者が選ぶ」と言う触れ込みだった。

そうか、HIPHOP関係者ですらもそのスタイルを押して続けていくのね・・・・
ちょっとガッカリなのね・・・・
マキバオーなのね・・・・

ABOUT ME
ショーペン
ショーペン
HIPHOPが嫌いだけど好きな元バンドマン。28歳。 Twitterをフォローして頂けると更新をお知らせいたします。 小鳥をクリックすると僕のTwitterアカウントに飛べます。         ↓↓↓↓↓

POSTED COMMENT

  1. アバター てるすん より:

    失礼します。舐達麻がバズった理由は単に「ワルい」からではないと思います。元々彼らの曲におけるトラックはlo-fi系のヒップホップの系譜を引き継いでいるんです。元々日本におけるlo-fi系のノリとしてはドラッグや暴力といったイリーガルなものとはあまり近くない存在なんです。リスナー層もサブカル系や純粋なヒップホップマニアといった層でした。
    しかし、彼らはヒップホップ業界のなかでは比較的安全なlo-fiに近いノリにイリーガルを歌ったリリックを乗せた。このギャップが現在30代~40代のリスナーの心をつかんだわけです。単に「ワルい」だけじゃあそこまで盛り上がりません(言っちゃ悪いがイリーガル系のラッパーはスキルが無いやつらが多いです)。
    また、舐達麻はビジュアル面、ラップ面においても絵にかいたような非常にバランスのとれたグループです。
    長くなってしまいましたが、僕が言いたいこととしては舐達麻が売れた理由はワルいに+αがあったということです。

  2. アバター 匿名 より:

    まずあなたの言う”普通の人”たちに内在する暴力、あるいはそんな言葉を使ってしまうあなたに内在する暴力と向き合ってみてはどうでしょうか

  3. アバター T ma gai より:

     ここにあげてるアーティストの曲をちゃんと聞いたら、あくまで悪いことをするのはバックボーンであってその曲ごとに主題とかメッセージがあることはわかると思います(昨今の底辺レベルのバトルMCは知りませんが)。流派Rのランキングに舐達麻が選ばれて辟易してるのかもしれませんが、ここまで大きなムーブメントになった彼らの曲がただの悪自慢だと感じるのは単純に曲を上辺で聞いてるだけであり自分の理解できる部分しか汲み取ろうとしないからではないでしょうか。

    HIP HOP一つとっても、DJやMCやグラフィティやブレイクなど様々な要素で形成されています。ラップにもリリックだけでなくビートアプローチの仕方やフローがあり、ビートにはドラムスがあり上ネタがありベースラインがありと楽しめる要素は沢山あります。

    ぜひ、R指定など一般受けするものを好き、悪自慢のアングラは嫌い。で終わらないでください。おそらく好きな人たちから見たらなんだが浅いと思われてしまうようなブログの内容でした。リリックを読み解く力が皆無なのかもしれませんが、理解を深め認識が変わることを期待しています。

  4. アバター 匿名 より:

    >KREVAやRIP SLYME、nobodyknows+は一般人も聴いていた。
    >そこにはワル自慢は一切含まれていなかった。
    >だから一般人も拒否反応を起こさなかったのかもしれない。

    >だが彼らはHIPHOP界の人々からあまり認められているようには見えない。

    あまり認められてるように見えないなら、こういう考察みたいなこと書くために必要な最低限のことが把握出来てないのではないかという印象を受けちゃいますね

  5. アバター 匿名 より:

    負け犬のひがみ 笑
    おまえが一番だせーよ 笑

  6. アバター 匿名 より:

    頭の悪いヒップホップキッズが暴れております

  7. アバター 匿名 より:

    私自身は酒煙草クスリしかやらない地味人間ですが、ヒップホップとしてはここで否定されてる人達の方がカッコいいと思います。
    音楽は非現実を見せてくれるものだと思うからです。
    別にそれがリアルだろうがエンターテイメントだろうが、どうでもよくて自分の想像もつかないようなものでワクワクしたいだけです。
    逆にR指定などは凄いとは思いますが、あくまで現実の想像できる範囲内での凄さであり、知らない世界に飛ばしてくれることはあまり期待できないので興味がありません。

  8. アバター 匿名 より:

    いやまじ
    zornとかも勝手にレペゼン葛飾とかしてんじゃねーよと
    同郷人としては、昔は悪かったでも今は最強地元最高みたいなノリ出されると出身地言いたくなくなるわ

    法的に刑期終えた人間を責める理屈はないが
    それ表に出して仕事してくなら
    オレオレ詐欺した相手に返金したんか、と

    本場アメリカでは一部のスターの裏に
    日本の何倍も底辺のままのやつがいること認識した方がいいし

    韻を踏む行為と犯罪文化を一緒くたにする風潮って害悪な気がする

    百人一首だってある意味ライミングしてんだから
    分けないと、普通人からしたら
    ラップイコール低学歴
    ってイメージが永遠に抜けないだろ

  9. アバター 匿名 より:

    大麻吸ったことないくせに大麻の話題でかっこいい!って盛り上がれる観客が一番意味わからん
    自分の周りでアメスピがどうとか赤マルがどうとか、やっぱり手巻きタバコでしょとか、食後のタバコは最高とかをタバコ吸ったことないくせに言ってくる奴おったらキモって思わんのかな?

  10. アバター 匿名 より:

    お前舐達麻の曲、固定概念で毛嫌いしてないか??
    バズった曲だけじゃなくて、他の曲聞いたか?

  11. アバター ああああ より:

    ここに書かれているコメントが、実際にHIPHOPでギャーギャー言ってる人間のレベルが表れてるじゃん。

    現状、一般ウケしてないのは人間としてはクズばっかだよ?で、現時点でHIPHOP(バカ多そうだから書いておくと、元々音楽ジャンルだけではない)ってそういう人の文化じゃん(ストリートギャングが抗争を無血に終わらせるために醸成されてきたもの)。

    で、こんなのアメリカでもヨーロッパでも一緒。安い価値観の女が群がって、即物的でむなしい夢見て、金だのそうろうじゃの言ってるのがヒップホップなのよ。売れ線どうのこうのじゃないからいいんじゃないの?

  12. アバター ああああ より:

    とにかく、ここにでてくる人物全員、それからここにコメントしてる連中、記事書いた人、全員クズ過ぎる。
    HIPHOPの意味くらいわかるだろうに。Wikipedia見てこい。やり直し。

    • アバター 匿名 より:

      >「〜から聴け」やら「もっと勉強してからこい」などの言葉は、
      説明出来ないから逃げているようにしか見えない。

      まんまこれで草

      • アバター 大桑優斗 より:

        説明から逃げてると言われても
        どうすれば良いのでしょうか。例としてスポーツ、それもサッカーを挙げさせて貰います。
        サッカーが好きな人からサッカーに対してなんらかの偏見を持っている人に口頭で説明したところで、その人の考えは変わらないと思います。「チーム戦で、ボールを相手コートに入れる」…面白いですか?それとなんら変わりません。ヒップホップが好きな人からはヒップホップを知らない人が騒ぎ立てている訳ですから、とりあえず聴け、それから喋れ、となる訳です。
        何か意見があればどうぞ。長文失礼しました。

  13. アバター ゲバラ焼肉のタレ より:

    舐達麻が評価されたのは悪さじゃない気が…
    個人的に惹かれるのは、音楽通を唸らせるLoFiビートを作るグリーンアサシンダラーや、日本の滅びの美学を感じさせる刹那的な文学性、重く渋い声質なんですよねぇ…
    きっと同じ感覚の人は多いと思うんですが。

  14. アバター 匿名 より:

    芸術とかスポーツってのは具体化させた評価点や美点を認識する事で初めて良さが分かるってモノなんだから、説明も無しにとりあえず聴けは流石にねぇだろ笑

  15. アバター きんたま より:

    HIPHOP聞いてる奴ら、とか〇〇聞いてる奴ってくくりにするのがそもそも間違いやでみんな。あくまで一人一人やし、全体を把握できるわけないから自分の決めつけは心の中で消化しよう。

  16. アバター   より:

    ヒップホップのワル自慢に厨房のイキリみを感じるってのは同意だし
    バトルで草ネタだしゃ盛り上がるガキどもがイタいのも同意だけど
    舐達磨までそのカテゴリーに入れて否定するのはおかしくない?
    別に深く考えなくても評価されることに違和感なんてないでしょ

  にコメントする コメントをキャンセル