HIPHOP

Creepy nutsはHIPHOPではないのか?〜KREVAが壊しきれなかった壁〜

「僕達が最高の音楽ではなく、僕らを入り口にしてもっと最高な音楽があるって事を知ってもらえたらそれが一番嬉しいですね。」

by B’z

Creepy nutsの
目覚ましい活躍

大人気のオールナイトニッポン、バラエティ番組の出演、さらにはTVドラマの出演まで音楽以外の活動でも目覚ましい活躍を見せているCreepy nuts。

本業の音楽でも菅田将暉とのコラボ曲の発表や単独でのミュージックステーション出演、遂には武道館でのワンマンライブ2daysも成功させた。

ここ最近では世間での注目度が飛躍的に上がり、紅白出場も噂された程である。
(個人的にはまだそこまで世間の認知度は上がっていないと思うが)


だが、それに伴って
HIPHOP村ではCreepy nutsを批判する声が大きくなってきた。

大御所HIPHOPツイッタラーやプレイヤーのJinmenusagiなどもこの盛り上がりを冷ややかな目で見ているツイートが多く見られる。


だが、世間での注目度に比例して、HIPHOP村からの評価は下がるこの現象は過去にも何度もHIPHOP村では行われてきた儀式だ。

遡ればKICK THE CAN CREW、RIP SLYME、AK-69など
「セルアウト」
「HIPHOPじゃない」
と言われ散々叩かれてきた。


だが、Creepy nutsやKREVA等は狭く閉ざされたHIPHOP村に、多くの人を流入させ、文化の衰退を防ぐ為に重要な役割を担っている。(それをHIPHOPじゃねぇって叩くのはどうなん?て感じ。)

同じ様な役割を果たしているCreepy nutsとKREVAは似ている様で全く違うスタンスを取っているなぁ。
と言うのが今回記事を書こうかなぁと思ったきっかけだ。

あと、Creepy nutsを批判している人達ダサいなぁという以前したツイートの続きでもある。

KREVAとCreepy nutsの
スタンスの違いとは何か?

KREVAとCreepy nutsはHIPHIPの布教と言う面で同列に語られる事が多いが、両者にはハッキリとしたスタンスの違いがある。

KREVA:音楽としてのHIPHOP(ラップ)
を広める


KREVAはHIPHOPの中でも「ラップ」と言う歌唱法に焦点を当て、大衆に向けて発信してきた。

アングラな雰囲気が漂うHIPHOP界にはほとんど触れずに、音楽としてかっこいい物を大衆にもっと広めたいという思惑があったと感じている。

先輩であるRHYMESTERもこの路線であり、いわゆるイリーガルさを押し出したHIPHOPではなく、平和な日本の土壌に合ったHIPHOPを世間に広めようとしていた。

僕は以前ブログ記事にも書いた様に、こちらの路線を日本におけるHIPHOPのメインストリームにすべきだったと思っている。
ちなみにAKLOやSALU、ZORNなどもこちらの系譜に入ると個人的には思う。

Creepy nuts:外から見た目線でHIPHOPを描く


Creepy nutsはラップと言う歌唱法だけに焦点を当てるのは無く、自分達が聴いて育ったアングラなHIPHOPを外から見た、いわゆるメタ視点で描かれている曲が多い。

自分達は日本のHIPHOP村のど真ん中に居ないと言う事を自覚している。

そして自分達一般ピーポーとアングラHIPHOPの対比を描くことによって、自分達の存在を際立たせている。

つまりCreepy nutsのスタンスはアングラ以上主義のHIPHOP村の存在を大前提として成り立つものだ。

HIPHOP外からの視点だからこそ、
HIPHOPに馴染みの無い人間を中心に

「あぁあの閉ざされた世界の中にもコッチ目線で話通じる人がいるんだなぁ。」

共感を得る事に成功した。

更にここから深く考えてみると、
世間一般のHIPHOPに対する偏見はとてつもなく大きな壁として未だに存在し続けているという事だ。

KREVAが壊せなかったHIPHOPへの偏見

KREVAがZORNAKLOといったHIPHOP好きにも認められているラッパーとの共作を発表し続けているのも、大衆の目をアングラHIPHOPにも向けてあげる為だと感じる。

過去にもANARCHY、DABOやサイプレス上野、KEN THE 390、SKY-HI、SHINGO⭐︎西成、SEEDAといったメジャーシーンにいないラッパー達のフックアップもあったが、結果は芳しいものではなかった。

ヘッズが大好きな、
SEEDAとの「街風」「Good boy,good girl」
ANARCHY,DABOとの「I REP」
HIPHOP界が沸いただけで、世間一般への影響力は小さかった。

それを表す様に、最近でも客演としてZORNを迎え入れた「タンポポ」も結果的にKREVAと三浦大知のシングルのカップリング程度の扱いとなっている。

KREVAは世間とHIPHOP村の間に築かれた壁を完全に壊すことが出来なかった。

だが傷一つなかったその壁に大きな風穴を開けたのは間違いない。
ケツメイシ、RIP SLIMEやnobodykows+もその後に続き、音楽としてのHIPHOPの地位を高めた功績がある。


だが、それでも未だにHIPHOPへの偏見を消し去る事は出来なかった

正直に言って、世間一般のHIPHOPに興味もないような人々は、日本のHIPHOP界を見開拓民の部族を見るような目で見ている。

なんか怖い人達がオラオラして大麻吸って感謝してるよ怖、みたいに。

まぁあながち偏見では無い。
HIPHOP村の人々はアングラ至上主義のイリーガルなラップをリアルリアルと持て囃し、この平和な日本でシーンの中心に頑として置き続けようとしている。

村の中にいる人間は、狭く閉ざされた空間を必死で守ろうとしている。
イリーガルじゃ無くてもリアルを歌えるのにも関わらず。

Creepy nutsの敬意を込めた皮肉

少し逸れてしまったが、Creepy nutsの話に戻す。

Creepy nutsは自分達がHIPHOPのメインストリームじゃないという姿勢を崩した事は無い。

それは先人達が作り上げてきたアングラなHIPHOPに敬意を評しているからである。

決してバカにしたりこき下ろすようなリリックをする訳では無いし、したとしても心から発している訳では無い。皮肉めいた言い方をする事もあるがそれはあくまでも彼ら=アングラHIPHOPをメインだと認識しているからこそ、その枠外にはみ出た自分を表現しているのみだ。

それが結果的に同じく枠外にいるHIPHOPに馴染みのないリスナーも取っ付きやすくなっている。

「本当のHIPHOPは俺らだぜ!!」
なんてCreepy nutsは一言も言っていない。

まとめ:大学生が小学校の教科書をバカにしているのと一緒


中途半端な自称音楽通は、分かりやすい作品をバカにしたがる。

KREVAやCreepy Nutsは自分達の好きなジャンルを分かりやすくする事で大衆に提供している。

それはもっと「自分達の好きなジャンル=HIPHOP」をみんなに知ってもらいたいと願っているからだ。



Creepy nutsを見て

「何これ!
全然HIPHOP感じないんですけど笑
HIPHOPなめてんの?」

とか言ってるのは、
大学生が小学生の教科書を見て

「何これ!
簡単過ぎなんですけど笑
勉強なめてんの?」

とか言ってんのと同じだ。



・・・めちゃめちゃダサい。
・・・えげつないダサい。



HIPHOP界の人々は感謝する事はあれど、批判する立場では無いと思う。


「ガキが増えて、にわかが増えて困るんだよなぁ。」
なんて言っている奴は本当に何もわかっていない。


「興味を持った人を連れてきてありがとうございます。後はこっちで濃度の高いHIPHOP教えときます!」
ぐらいの心意気があるといいよね。


・・・ホントに濃度の高いHIPHOPなんて基準があるとしたらの話だけどね。


KREVAは良くボースティングの一環で
「自分は神だ。最高だ。」

みたいな事を言うが、
一方で
「最高は一つじゃ無い」
とも言っている。



自分達の音楽からHIPHOPに入って、もっと最高な音楽に出会えたら一番嬉しいです。

と言う人間に対して今のこの批判の嵐は大人気ないと僕は感じる。
何なら嫉妬にしか見えない。

玄人感を出したいが為に、流行り物を否定する。


愚か愚か。

ばいちゃ

ABOUT ME
ショーペン
ショーペン
HIPHOPが嫌いだけど好きな元バンドマン。28歳。 Twitterをフォローして頂けると更新をお知らせいたします。 小鳥をクリックすると僕のTwitterアカウントに飛べます。         ↓↓↓↓↓

POSTED COMMENT

  1. アバター 匿名 より:

    単純に音楽性がHIPHOPやブラックミュージックに根差してないのにも関わらず、『自分達の音楽からHIPHOPに入って、もっと最高な音楽に出会えたら一番嬉しいです。』って言ってるのが反感を買ってるんでしょう。
    寿司屋が「お客さんが自分達のカレーを食べてもっと美味いカレーに出会ってもらえたら一番嬉しいです。」って言ってたら(いやお前カレー作ってないじゃん)と思いませんか??

    ていうかこれポップスですよね。
    アナタの言う「Hiphop村内の基準」とは全く別の次元で、これがHIPHOP全く違う音楽だということに気づきませんか?

    • アバター 匿名 より:

      わかるわかる。ギャングスタラップ=ヒップホップって勘違いする時期あったよ。
      君の主張は恥ずかしくない

  2. アバター 匿名 より:

    クリーピーナッツってヒップホップなんですか?人気のようで『のびしろ』って言うのを聞いてびっくりしました…
    『○○方』を何度も重複させているのは、、韻を踏むとは言えませんよね?KREVAさんのライミング講座をテレビで見ましたが、母音を違う言葉に変え繰り返すのがラップの凄さだと思いました!
    ただの重複だと誰でも出来るレベルでラップではないと思いました。Jポップアーティストとして人気があるのかな?と感じました。

    又、”可能性”と言う意味では、のびしろよりもKREVAさんの『居場所』の方が歌詞の良さや深さを感じて、俺ら(自分たち)ではなく、誰にでも当てはまるメッセージに共感しました。
    (これはラップではないですが。)

    他のヒップホップアーティストを引っ張る所も、知らないアーティストを知る機会になりすごいなとラップには詳しくないですが、KREVAさんはやっぱり別格に思えます。

    すごくクリーピーナッツのファンの様なのですみません。他の歌も聴いてみます!

  3. アバター 匿名 より:

    彼らは意図してポップスをやってるんであってあれはヒップホップとして見たらめちゃダサい曲だよって話でしかないのになんかあれをヒップホップ的な文脈で擁護しようとするのはめちゃダサいよ
    仮に彼らがいわゆるヒップホップ的なドープな楽曲を作れるかつったらそれは否だと思うしR指定は言葉遊びはしたがるけどリリシスト的な詩的才能は無い。要はリリックに中身がない。フリースタイルは上手いがラップスキルが高いというタイプではない
    本人らも周りもその辺を分かったうえでの結論ダサいって話でしょう
    セルアウトどうこうの話やリップやらキックやらと並べる話ですらないよ
    彼らがポップスをやっているのが悪いわけでも無いし

  4. アバター 匿名 より:

    記事面白かったし共感しました。コメ欄見ると『ヒップホップ好きな人(あ、ヘッズ、って言うんですかね)ってめんどくせーな…』と思いました。カッコいい、好き、じゃダメなんですかね?
    何も生み出さないやつが偉そうに語ってると思うと悪性のアニオタが親の仇のように作品批判する姿と被って笑えますね。

  5. アバター 匿名 より:

    クリーピーナッツ聞いた事なかったけど、コアでうまくて聞きやすい感じなんだろうなって思ってたけど、
    初めて聞いたら、ファンモンみたいな青春ソングみたいで衝撃だったわ

  6. アバター 匿名 より:

    別に彼らがポップスやってようが、それを本人達が望んでやってるなら全然いい
    ただ、HIP HOPかって言われると、いや、違うでしょってだけの話
    まとめも的外れすぎて理解できない

  7. アバター 匿名 より:

    Creepy Nuts批判する人は、生業になんと答えるのかね?

  8. アバター 匿名 より:

    >>KREVAは良くボースティングの一環で
    「自分は神だ。最高だ。」
    みたいな事を言うが、

    KREVAは、そんなこと言ってねーよ笑
    神の領域や基準のこと言ってるならちゃんと歌詞を理解して語ろうね!
    まぁ、本人も勘違い上等って歌ってるしいいと思うけど笑

    書いてる文章は全体的に内容も薄ければ、歌詞の断片だけ切り取った無理矢理な解釈!

    ケツメイシ、RIP SLIMEやnobodykows+もその後に続きとか言ってる時点で時代背景が無茶苦茶!
    マルシェも楽園ベイベーも両方とも2002年だし、ケツメイシのこっちおいでに至っては、2000年!
    後に続いたんじゃなくてZEEBRA、DA等が同時期に売れたHIPHOP全盛期なんだよ!

    お前は何もわかっていないただのミーハーだと自覚した上で
    コンドームばりに薄い知識でドヤりながらKREVAとcreepy nutsを比較しながら語るのはやめてくれ!

    ほぼ全部見当違いだ!

  9. アバター 匿名 より:

    バトルのR指定はめちゃくちゃかっこよくて強いのにクリーピーだと、ポップ過ぎるしラップソングみたいで半端に感じるんよな。あと声カッコ悪い。
    トレンチコートマフィアくらいの曲はかっこいいし、万人受けするからあの路線で言ってほしい。
    かつて天才だった〜はダサい。曲がダサい。スタンスだのかんだの抜きにしてダサい。

  10. アバター 匿名 より:

    逆にどういうのがHiphopか教えて欲しい

  11. アバター 匿名 より:

    匿名 より:
    2022-01-18 2:37 PM
    匿名 より:
    2021-11-17 9:53 PM
    匿名 より:
    2021-09-23 9:17 PM
    匿名 より:
    2021-08-10 10:26 AM
    こいつら目ついてんのかな

  12. アバター 匿名 より:

    本文も米も全部読んだけどめんどくせ~~~~~
    こんなんだからいつまでたっても大麻吸って逮捕の時しか沸かねーんだよこの界隈

  13. アバター 匿名 より:

    平和な日本で生まれ育ってるのに、○○は本物のHIPHOPじゃないとかなんとか言っちゃってる人の説得力の無さよ…

    時代背景が〜って部分では↑のコメントの言い分も分かるけど

  14. アバター 匿名 より:

    いや、そもそもにおいて全体的にダサいよね?って感じている人もいるわけで、それも否定するのは人の感覚に口出ししてるのと変わらないでしょって話。自分はKREVAは好きだけどクリーピーナッツは嫌いですよ、という感覚です。

  15. アバター 匿名 より:

    痒いところに手が届きました
    それです、自称HIPHOP通が得意げに「クリーピーナッツださw」と発言しているのを目にすると恥ずかしくなります
    どの界隈でも居ますよね、薄っぺらい自称コア層

  16. アバター 匿名 より:

    クリーピーナッツってどこがヒップホップ?韻じゃなくてノリ…?
    ヒップホップ詳しくないけど、歌詞が薄っぺらくてノリでしか通用しない感の曲な気がして。。あれはもろJポップでは?
    テレビで1,2回しか聞いたことはないけどヒップホップ的な歌あるのか気になる。

    男前が似合いそうなあのパーマスタイルもなんか似合ってないような。お笑いであんな感じの人いますね。
    なんでそんなに人気なのかな~?

コメントを残す