HIPHOP

HIPHOP嫌いが綴るHIPHOPブログについて

僕はHIPHOPが嫌いです。



正確に言うと5年ぐらい前まで触れたくもないし聞きたくもないぐらい大嫌いでした。
物凄い嫌いでしたし、めちゃめちゃダサいと思ってました。



「でもある日、Creapy Nutsに出会ってそんな価値観を180度変えられてしまいました・・・。」

・・・ウソです。


そんな書き始めだと、よくある安っぽいブログっぽいですね。

全然そんな事は無いです。僕の価値観はそんな簡単に半回転しません。



ホントの所はCreapy Nuts(R指定)のおかげで少しだけ、ほんの少しだけ、角度で言うと15度ぐらい興味を持って聴くようにはなりましたが、嫌いであることには今も変わりはありません。

どの辺が嫌いなのかっていうのを自分の中でよく考えてみました。

HIPHOP嫌いな理由〜その①〜
『ダジャレの様な韻をいっぱい踏む』

まずはこちらをご覧下さい。
言わずと知れたICE BAHN「越冬」よりフリースタイルダンジョンのモンスターとしても有名なFORKのバースです。


要するに猛吹雪を毛布抜きで越えてく 肉弾戦でテクニック出せん奴は脱落だ
辛くても立つラクダみたいに前進する 飾らない依然シースルーで見せてくのみ内面
まるで伸びない麺 あったかさパッケージ 音と言葉が合併し

越冬/ICE BAHN

いやー凄いですね。どんだけ踏むのっていう感じですね。
「脱落だ辛くても立つラクダ」の所はもう口に出してみると気持ち良さすら感じます。

でも僕は初めてこの曲を聴いた時、「あ、ラッパーて親父ギャグが上手い人なんだなぁ」と思いましたが、かっこいいなぁとは微塵も思いませんでした。

HIPHOP嫌いな理由〜その②〜
『大麻吸ってるオラオラアピールが酷い』

こちらのMVをご覧下さい。

100MILLIONS(REMIX)/舐達麻

もうずっと大麻吸ってんの!
すげぇ刺青をこれ見よがしに見せてくんの!

「なめだるま」って読むんだけど、本来なら「だるま」の字は「達磨」なんだけど「磨」を「麻」にしてる所が細かい。
ヤンキーって当て字好きだもんね。愛羅武勇。

オラオラしてるなぁ。怖い怖い。
と思いますが、中学生が煙草吸ってるアピールしてオラオラしてるのと同じ様に見えてダサいなぁと感じます。

MCバトルでも大麻やドラッグネタばっかり言わないMCが沢山居て嫌いです。
でも意外とバトルで言っても会場は盛り上がるんですよね。謎です。

HIPHOP嫌いな理由〜その③〜
『俺はホンモノ 他はニセモノって言い過ぎ』


「フェイク野郎が増え過ぎてるけど、俺らがホンモノなんだよ」
HIPHOPを聴いていると約5割ぐらいはこんな曲です。

ボースティングと言って相手を下げて自分達を上げるHIPHOP界でよく使われる手法です。

でもほとんどのラッパーがそればっか言うので、もはやみんなニセモノという事ですかね。ウケる。


「アイツらはHIPHOPを分かってねぇ」
とTwitterで口うるさい老害で有名なK DUB SHINEの様に、
最早ラップにすらしないでSNSでずっとそんな事を言っています。

また、MCバトルだけを見て音源を聴かない人々の事を「バトルヘッズ」と呼び、バカにする雰囲気があります。
「バトルだけ見て音源知らないガキ増えたよな。マジで消えてくれ。」
みたいな事をTwitterで古参ヘッズ達は言います。

なんて狭い村社会に閉じ籠っている人々なんでしょうか。


HIPHOP嫌いな理由〜番外編〜
『セルアウトという謎のDIS文化』


HIPHOPにはセルアウトと呼ばれる謎のDIS文化があります。
簡単に言うと「売れたらダセェ」みたいな。

本来は「売れる為に大衆にウケやすい曲調や歌詞を書くってダサくね?自分の書きたい事だけ書けよ。」って事だと思うんですけどね。

僕としてはセルアウトって言葉が一人歩きして本来の意味を失ってるように思えますが。

特にDISられるのはケツメイシ、KICK THE KAN CREW、ヒルクライムとかですかね。
少し前はAK-69も言われてたりしましたが、持ち直してきた感はあります。


終わりに

以上が僕がHIPHOPを嫌いな大まかな理由です。

じゃあHIPHOPって
①韻がヤバイぐらい踏める
②大麻をヤバイぐらい吸う
③俺が俺である事をヤバイぐらい誇る
この3つを最低限クリアしないといけないんですかね・・・・

ちょっとしんどいなぁ

これから投稿していく記事を読んで頂ければ、僕がいかにHIPHOPが嫌いかわかってもらえると思います。その想いを明確な文章にする為に、その為だけに僕は日々HIPHOPに触れながら生きているのだ。

ABOUT ME
ショーペン
ショーペン
HIPHOPが嫌いだけど好きな元バンドマン。28歳。 Twitterをフォローして頂けると更新をお知らせいたします。 小鳥をクリックすると僕のTwitterアカウントに飛べます。         ↓↓↓↓↓

POSTED COMMENT

  1. アバター 匿名 より:

    ①韻がヤバイぐらい踏める
    →韻を踏まないとラップじゃない。
    ②大麻をヤバイぐらい吸う
    →人による。
    ③俺が俺である事をヤバイぐらい誇る
    →人による。

    偏見にまみれててウケるw

    韻を否定ってラップそのものを否定してるし、ただの言いがかりだろww

    大麻吸わないラッパーもいるし、jcoleみたいに薬を否定するラッパーもいるし、一部のアーティストだけ見て判断している。

    ラップの内容なんて人による。自分の人生を歌う人もいれば社会について歌う人もいる。
    そもそもヒップホップは世間の常識とか同調圧力と真逆の立ち位置から物事を捉える音楽だから、自分が自分であることを誇るのは自然な流れかと。

    てかブログ書くためにヒップホップに触れてるとかもはや好きでしょwww

    まぁ単純にあなたがヒップホップに合わない人ってだけだよね。人によって好みは違うからね。

  2. アバター マイキージャック より:

    あー、フリースタイルダンジョン見て、これが噂のヒップホップ、ラップってやつかー!って思っちゃったパターンの人ねー。はいはい。最近多いんだよねー。
    でもいいんだ。キッカケはそれでいいんだよ。
    最近流行ってるラップバトルとか、若い子らに人気のギャングスタラップとか、色々聴いて調べたんだね。ライム?フロウ?なるほどー、って調べたわけだ。偉いぞ。うん。

    でもここ5年くらい?の流行りモンちょっとかじったくらいでヒップホップ語ってもらっちゃ困るんだわぁ。ハッキリ言って知識が浅い。おじさん、読んでて恥ずかしくなっちゃったよ。

    嫌いと言いながら、調べる意欲はあるみたいだから、もうちょっと歴史のお勉強からしてみたらどうかな?日本語ラップの歴史と進化って、そんなに浅くないはずだよ。学びは喜び。頑張ってな!

  3. アバター 匿名 より:

    ラップ嫌いな人に対して「ラップ好きと同レベルの知識を付けてから語るべき!」て無茶言い過ぎでは?
    どんなジャンルでも全てを知る事などできないんだから自分の触れた範囲で好き嫌いを語るのは当たり前。

    コメントしてるラップ好きの皆さんのウエメセマウンティングっぷりがまさにヒップホップが嫌われる理由そのもので笑いました!
    こういう人達からするとなるほど「俺はお前らとは違うぜ一段上の人間なんだぜ」と声高に叫ぶ音楽はさぞ気持ちがいいんでしょうね~

  4. アバター 匿名 より:

    志人聴いてみて、今度こそ180度変わると思うよ

  5. アバター 匿名 より:

    あなたの思っているHiphopが限定的すぎます。
    韻や大麻自慢やセルアウト云々の表面的な部分だけを語っていますが、要は日本のHIPHOPの中のバトルとギャングスタラップが嫌いなんですよね。

    HIPHOPは他にも様々な要素があります。音楽史的に確かな功績を残したミュージシャンも沢山います。ATCQやDILLA、ひいてはD’ANGELOみたいなアーティストは聴きませんか?日本ではMabanua、Jazzysportの人達の音楽はHIPHOPという文脈外から見ても豊かなものを持っています。

    本当にH音楽が好きで聴いている自分のような人間からするとPVを稼ぐ目的でこういう釣りタイトルで偏見をばら撒かれると悲しい気持ちです。あなたは元バンドンマンなのに音楽が好きではないのですね。

  6. アバター 匿名 より:

    全面的に共感。死ぬほど嫌いなアーティスト全員が波物語2021出てた。

  7. アバター 匿名 より:

    ラップ好きと思われる方々のコメントがかなり痛々しくて見ていられません。ヒップホップを聞くと見ず知らずの他人にタメ口でイキるようになってしまうんですね。

    • アバター 匿名 より:

      多分自分が好きなものをバカにされた気分になって、少し頭にきちゃったんだと思います。ヒップホップ好きにはこういう人達だけじゃないと思うんで、ヒップホップ聞く人全員がそういう人だと思うのはヒップホップ好きとしては変えて欲しいと思いました。確かにヒップホップ好きは頭おかしい人多いですが、単純に楽しんでる人も多いと思うので、寛容な目で見ていた抱けるとありがたいです‍♀️。

  8. アバター 匿名 より:

    コメント欄にもHIPHOP苦手な理由が詰め込まれててワロタ

  9. アバター 匿名 より:

    私はHIPHOPよく聞くようになったけどやっぱり、あんまり競う気がない感じの人が好き
    確かに技術があるとか耳に残るとか、曲としてはいいと思うものも沢山あるけど、好きと言えない
    私もなめだるまはあんまりかも

  10. アバター 匿名 より:

    ラッパー(笑)とその信者ってとりあえず全方位に喧嘩売ってるよな

  11. アバター 匿名 より:

    オラオラ系は確かにいるけどそれはほんの一部だぞ。表面だけ見てラップのここがやだとか言うのは恥ずかしい行為だと思う。嫌いならラップの良さを理解して欲しいとは思わないけど、何にも知らずにラップをしている人全員の事を批判するのは失礼なのでやめてね。

  12. アバター 匿名 より:

    ラップという音楽としては、なんとも思わないけど、言葉の中身が空っぽで
    全然共感できないんだよね。
    一言でいえば、馬鹿じゃないか、こいつというそんな感じです。

  13. アバター 匿名 より:

    少数意見かもしれませんが、個人的にはMCバトルは好きでみていますけど、
    ヒップホップというジャンルは音楽鑑賞の対象にはなりませんでした。
    個人的にはレゲエの方々の方が雰囲気が好きです。

  14. アバター slimboi より:

    俺は君が嫌いなHip-Hopのビートメイカーだよろしく

    君が挙げてる嫌いな部分も好きな人は好きって事は君ももちろん分かってると思う

    人それぞれ好き嫌いあるからな

    だから君が嫌いなのも別に変じゃないし、自分の意見をネット上に書くのも自由

    俺は好きだぜお前の事
    嫌いな人の意見も凄く大切

    確かに俺も嫌いなラッパー沢山いる

    君が挙げてる嫌いな部分にも共感できる所もある

    君がHip-Hopに触れていく内にHip-Hopの良い面1つでも見つけられたら嬉しいぜ

    君みたいに嫌いって言える。そんな自由さがある
    音楽って最高

    分かってもらえない奴がいる。それが余計にゾクゾクさせる

    Piece✌

  15. アバター - より:

    ドラゴンアッシュを一時期信者してたおっさん。
    やっぱりヒップホップがわからない。
    ただし上の反骨心のあるslimboiのような人間は嫌いじゃない。
    が、人間が嫌いじゃないだけでヒップホップはやっぱりわからない。
    根本的にはプロレスのリングの煽りあい以上の価値はないもの。
    「エンタメ」だと思っている。
    エンタメは楽しいが本気で社会に影響を与えるものじゃない
    ショーが終わったらショーのノリはおしまい。そういうものだしそうあるべきだと思う

    「ヒップホップには社会的な主張がある」という人(ファン)が言うが、
    本気で主張するんなら軽々しく韻やダジャレを言ってるべきではない。
    もっと怒ってもっと真面目に地道に日々努力をすべきだしそうなったら社会活動家だ(笑)

    ドラゴンアッシュが「革命だー」なんて言って当時の自分のような阿保の若者を信者にしてたがなんのことはない、「ライブで学校いきたくないってヤツの相談をー」とか聞いて膝から阿呆な若者は崩れ落ちたもんだ。(この革命にはレーベルや業界を揶揄する意味があったかもしれないと知りはしたがそんなもんCD買った人間にそんな主張は関係ないエゴの話で…)

    無駄な批判やわかろうとしないに批判するのも批判する資格も意見する資格も無いので色々最近のも古いのも聞いてみた。
    ソールドアウトうまいよね。ライムスターはノレるよね。スカイハイとかいうのもスタイリッシュでじゃにーずみたいで股開く女はウケそうだよね。
    以上。

    それ以上の深みを感じる事が全くなかった。
    お笑い芸人なら「人を楽しませる・自分を楽しませる」で一生やる価値もあるだろうが、ヒップホップには無い、と思う。ただのキワモノ芸だ。
    売れない音楽家が全然知らない他人を感動させるのと違い、そこに人を救う事すらないだろうと感じる。「MCバトル」のように他人を貶すか俺すごいをするか、それを火事場の喧嘩の野次馬根性の人間は「やれー!」と感じてエンタメなんだろう。くらいか。

    韻とダジャレの違い、と誇って言うのも解せない。あんまり違いが無い。
    ラッパーの悪ぶるのもある意味伝統芸だが、黒人のデカいのはおいといてミュージックビデオに出てる悪そうなの全員一人じゃなんもできない奴しかいない。
    リングに上がって一対一ならほぼなにもさせない自信がある。
    社会的な職能どころか社会常識も当然無い(これを出すのは多少ズルいが)

    ラッパーやらが日本の業界はーというけど本当の発祥のアメリカの黒人ですら、大した事言ってない。理想はカネ女セックス、それに対するアンチテーゼ(アルコール・ドラッグだめよん殺人だめよん)そこから抜け出すことは無い事を考えるとここまで文書書くまでもなく結論が出ていた。
    ヒップホップをやれば馬鹿になる。原典に忠実にやろうとすればするほどチンピラになる。
    これが結論だと思う。
    ヒップホップというものの原典はろくでもない黒人の生い立ちや野望を心の傷を底辺なりに癒すために(いわゆるオナニー行為)やられるもの
    だから、最低でもヒップホップをやって高尚で立派な人間になることは不可能だ。
    利益追求のビジネス(商売)は人や社会とのかかわりの中で立派な倫理を兼ね備えた人間を育成することはあり得る。職人も同じ。音楽家や芸人も同じ。
    いずれもそことはヒップホップは違うものになるだろう。
    かんたんに言えば「ガキしか聞かねぇよこんな子供だまし」ということ。

    その場を楽しもうよ、人生を楽しもうよ
    というレゲエの方が気持ちのいい人間の割合が多いのも当然の事だった。
    レゲエなんかやらないが。

    もちろん、自分の認識を変えるほどの有意義で生産的な反論を待っている

  16. アバター 匿名 より:

    ドラゴンアッシュを一時期信者してたおっさん。
    やっぱりヒップホップがわからない。
    ただし上の反骨心のあるslimboiのような人間は嫌いじゃない。
    が、人間が嫌いじゃないだけでヒップホップはやっぱりわからない。
    根本的にはプロレスのリングの煽りあい以上の価値はないもの。
    「エンタメ」だと思っている。
    エンタメは楽しいが本気で社会に影響を与えるものじゃない
    ショーが終わったらショーのノリはおしまい。そういうものだしそうあるべきだと思う

    「ヒップホップには社会的な主張がある」という人(ファン)が言うが、
    本気で主張するんなら軽々しく韻やダジャレを言ってるべきではない。
    もっと怒ってもっと真面目に地道に日々努力をすべきだしそうなったら社会活動家だ(笑)

    ドラゴンアッシュが「革命だー」なんて言って当時の自分のような阿保の若者を信者にしてたがなんのことはない、「ライブで学校いきたくないってヤツの相談をー」とか聞いて膝から阿呆な若者は崩れ落ちたもんだ。(この革命にはレーベルや業界を揶揄する意味があったかもしれないと知りはしたがそんなもんCD買った人間にそんな主張は関係ないエゴの話で…)

    無駄な批判やわかろうとしないに批判するのも批判する資格も意見する資格も無いので色々最近のも古いのも聞いてみた。
    ソールドアウトうまいよね。ライムスターはノレるよね。スカイハイとかいうのもスタイリッシュでじゃにーずみたいで股開く女はウケそうだよね。
    以上。

    それ以上の深みを感じる事が全くなかった。
    お笑い芸人なら「人を楽しませる・自分を楽しませる」で一生やる価値もあるだろうが、ヒップホップには無い、と思う。ただのキワモノ芸だ。
    売れない音楽家が全然知らない他人を感動させるのと違い、そこに人を救う事すらないだろうと感じる。「MCバトル」のように他人を貶すか俺すごいをするか、それを火事場の喧嘩の野次馬根性の人間は「やれー!」と感じてエンタメなんだろう。くらいか。

    韻とダジャレの違い、と誇って言うのも解せない。あんまり違いが無い。
    ラッパーの悪ぶるのもある意味伝統芸だが、黒人のデカいのはおいといてミュージックビデオに出てる悪そうなの全員一人じゃなんもできない奴しかいない。
    リングに上がって一対一ならほぼなにもさせない自信がある。
    社会的な職能どころか社会常識も当然無い(これを出すのは多少ズルいが)

    ラッパーやらが日本の業界はーというけど本当の発祥のアメリカの黒人ですら、大した事言ってない。理想はカネ女セックス、それに対するアンチテーゼ(アルコール・ドラッグだめよん殺人だめよん)そこから抜け出すことは無い事を考えるとここまで文書書くまでもなく結論が出ていた。
    ヒップホップをやれば馬鹿になる。原典に忠実にやろうとすればするほどチンピラになる。
    これが結論だと思う。
    ヒップホップというものの原典はろくでもない黒人の生い立ちや野望を心の傷を底辺なりに癒すために(いわゆるオナニー行為)やられるもの
    だから、最低でもヒップホップをやって高尚で立派な人間になることは不可能だ。
    利益追求のビジネス(商売)は人や社会とのかかわりの中で立派な倫理を兼ね備えた人間を育成することはあり得る。職人も同じ。音楽家や芸人も同じ。
    いずれもそことはヒップホップは違うものになるだろう。
    かんたんに言えば「ガキしか聞かねぇよこんな子供だまし」ということ。

    その場を楽しもうよ、人生を楽しもうよ
    というレゲエの方が気持ちのいい人間の割合が多いのも当然の事だった。
    レゲエなんかやらないが。

  17. アバター 匿名 より:

    ラッパーはバックボーンが大事なんだと、少年院入ってないのに悪そうな歌詞書くなとかほんとに食えなくて店先のパン盗んだ事あるとか、リアリティがあって歌詞に深みが出るそうな
    何で犯罪自慢が芸術だと思うのかマジで理解出来んがね
    若い真面目ちゃんがダンジョンに入ってきたとか馬鹿にするのどんだけ閉じコンなのよ
    俺の生き方とか言ってる割に系統が似すぎ、大麻に喧嘩に入れ墨この3つの要素入れなきゃ仲間にも入れない、新しいの要素入れたくないのかずっとこれ真面目君がラップかましてもカッコいいんじゃないの?
    ずっと日陰で厄介者扱いされてきたとか悲しい過去みたいに言ってるけど、だいたい犯罪行為してる事を自慢気に気持ちよく歌ってますやんそら遠巻きにされますわ

コメントを残す